とりあえずやってみる。

日々のDWEの取り組みについて。

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

ブルーCAP到着。グリーンのレッスン下準備。

 

娘6歳2か月。

ブルーCAPをパス!

f:id:insidesaki:20171007070322j:plain

貴重な「帽子はまだ」の写真。

(毎日チェックしている暇な人だけが撮れる。)

ここから帽子の色が変わるまでに1日ほど

タイムラグがあるようです。

f:id:insidesaki:20171017104942j:plain

帽子も無事届きました。

 

かぶるなり「大きい!」と言っていて、

見ると確かにライトブルーに比べて一回り大きそう。

ライトブルーは小さい子向けだから

もともと少し小さいのかな。

それとも取った年齢によって

違うサイズの帽子が送られてくる?

(まさかね)

 

*****

 

さて。

グリーンのレッスンに入る前に、

ブルーのレッスンで使用したもの、

下準備したことのまとめ。

 

 

以前ブルーのレッスンを始めるにあたり、

何をどう進めて行ったらいいのか

全くわからなかったので、取りこぼしのないように

自分なりにやることリストを作ってみた。

childseducation.hatenablog.com

 

DWEからは、ライトブルーCAPと一緒に

ブルーCAPのレッスン一覧表が送られてくる。

(今回はブルーCAPと一緒に

グリーンのシートが送られてきた。) 

 

f:id:insidesaki:20171007073402j:plain

これにはSBSとTEの一覧が載っていて、

やったかどうかのチェックができる。

 

他にはTACと歌の一覧表もある。

CAPと一緒に次の色の分が送られてくるけれど、

こちらは公式HPであらかじめ全色分

ダウンロードすることもできる。

f:id:insidesaki:20171007073702j:plain

  

どちらのリストも「やった!」という

チェックをするのに便利なんだけど、

わたし的にはイマイチ使いづらかった。

 

なぜなら「教材ごと」のリストだと

毎回レッスンをするときにばらばらになりやすいから。

 

一つのレッスンに対して

「SBS」「TAC」「歌」「TEレッスン」と

各教材を横断してチェックするような

レッスンごと」のリストが欲しかった。

でも公式での配布はなかったので、自作した。

ブルーの時はこの自作リストが大活躍だった。

 

今回は、このブルーの時に作ったリストを少し改編。

TACとレッツプレイはレッスン一覧から

省くことにした。

レッスンに直接的には関係ないことと、

レッスンの進度とは無関係に進めることが多かったので。

 

 

あとはSBSの細かい記録を残すために

レコードブックも使った。がんがん書き込んだ。

これはもうなくてはならない存在。

f:id:insidesaki:20171007074208j:plain

娘のスペースと息子のスペースとで分割して

記入しているけれど、せっかくの記録だし

一人一冊分でもよかったかもしれないと思った。

でもまあ二人目だと記入がテキトーになる

可能性もあるし(ヒント:母子手帳)、

追加購入は様子見でいいかな。

 

*****

 

音声ペンでBookに音読や歌を貼り付けたのも

かなり効果的だったと思う。 

childseducation.hatenablog.com

これは編集が結構大変で、

グリーンの分はまだ終わっていない。

頑張らないと…。

 

でも、音声ペンがあるなら最低限これだけは!

というのが、ライトライトチェックのページ。

f:id:insidesaki:20171017112340j:plain

ここだけでも音声化しておくと、

わざわざSBSのDVDを流さなくても

軽くチェックすることができるし、

何より「続けて言ってみよう」の文章を

何度も何度も巻き戻す必要がなく

好きなだけ練習することができる。

 我が家はライトライトチェックのステップは

DVDではなく音声ペンで直接やることが多かった。

 

*****

 

そんなわけで、グリーンの歌もぼちぼち

録音を開始していて、SBSもまた

週1ペースくらいで進めていきたいと思う。

 

息子のTEレッスンも頑張ってもらって

ブルーCAPを目指していこう。

 

目標は、春のキャンプに娘がグリーン、

息子がブルーのCAPで参加すること!

間に合うかな?