とりあえずやってみる。

日々のDWEの取り組みについて。

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

TE Book3Lesson3:Pluto's Song

お盆休みが終わって、

いつもの生活に戻ってはいるけれど、

英語はちょっと失速気味。

 

保育園から帰ってきて、

何もしないで一日が終わる。

今年の春に英語を再開するまでは

ずっとそんな生活だった。

 

お盆でヤマハもABCクラブもTEもお休みで

久しぶりにそんな生活を送ったら、

なんとなく腰が重くなってしまった。

 

かろうじて英語のDVDやテレビは見ているし、

Facebookライブも楽しんだ。

ヤマハも夏休み帳を埋めるために

毎日練習している。

まあそれだけでも十分頑張っている、

と思うことにしよう。

 

またぼちぼちエンジンかけていこう。

 

*****

 

そんなわけでSBSも進んでいないので、

娘のTEは以前飛ばしたBook3のレッスン3をやった。

 

文章の続きを言う、というのが

難しいかなと思ったけれど、

Bookにある文章そのままだったので

本を読みながら2回練習したらすぐに覚えた。

 

ただ、「watches」というところを「watching」と

答えていた。先生は「そう!watches」と、

娘の答えを否定はせずに言い直していた。

本人が気づくのはいつだろう…。

 

*****

 

息子は相変わらずのPluto's Song。

単語が少しずつはっきりしてきたかなあ。

 

*****

 

実は、SBSを進めるのに腰が重いのは

息子のことも理由としてある。

 

今まで娘がSBSに取り組んでいるのを

なんとなく遠目で見ていた息子。

最近距離が近づいてきて、やりたそうに

していることが増えてきた。

 

私としては「待ってました!」という感じなんだけど、

すでに娘と私とでペースが出来上がりつつあるところに

どうやって息子も一緒に取り組めばいいのか、

なかなか難しくて、考えているうちに

「今日はSBSはいいか…」となってしまっている。

 

息子の集中力のなさと

娘に比べての理解力の低さ。

一緒に進めるにはみんなが少し

我慢をしなければいけない。

でも別々にやるには時間と気力の捻出が…。

 

あと、SBSだけだったらとりあえず進めて

何回でもやればいいのかもしれないけれど、

TEのBookLessonを全然できないのも痛い。

 

本番前に何度も何度もBookLessonの

やり取りを練習して挑めばいいのかな。

 

頭の中で

どうしよう→こうしたらいいのかな

というのはなんとなく思い浮かんだりするけれど、

いまいち行動に移すまでの決断ができない。

 

 

 

せっかくだからABCクラブの先生にも

息子のレッスンの進め方について

そのうち相談してみようと思う。