とりあえずやってみる。

日々のDWEの取り組みについて。

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

ABCクラブ体験

 

ついに行ってきた!

ABCクラブ体験。

 

結論から言うと、

通います!(即断)

 

*****

 

ABCクラブについては

ずっと迷っていた。

childseducation.hatenablog.com

 

この記事を書いたときには

もうすでに今年度の定員が埋まっていて、

通わせたくても通わせられない状況だった。

 

でもたまたま「2人分の席が空いたので

どうですか?」という謎の連絡をもらい、

二つ返事で体験を申し込んでしまった。

 

娘のSBSも軌道に乗ってきて、

ちょうどそれ以外にも

何か新しいことをしてみようかな、

という思いが湧き上がってきた頃だった。

 

「Let'sGo」の取り組みは見切り発車で

スタートしているけれど、

こちらはそんなに急いではいない。

ABCクラブに通えるのは今年度いっぱいなので、

今年はそちらに通い、来年度になったら

私が本腰を入れてLet'sGoに取り組んでもいい。

並行してやれるならそれでもいい。

  

もともと興味のあったABCクラブ、

今の子供たちにとってはどうだろう?

通えそうかな?楽しめそうかな?

と興味津々で体験に臨んだ。

 

*****

 

チェックしたかったポイントは

〇一緒にレッスンするお友達の雰囲気

〇息子がちゃんと参加できるかどうか

〇レッスン内容(DWE表現の使い方)

〇通う時間と距離

という点。

 

*****

 

お友達の雰囲気というのは

パッと見て「このクラスは良い」「悪い」と

すぐに決められるわけでもないし、

ただ決定的に嫌な予感がしなければ

それでいいや、というくらいの気持ちだった。

 

しかし残念なことに、体験した日は

いつも元気に参加しているらしいお友達が数人

いろいろな理由でお休みになり、

残ったおとなしめの子たちの中で、

体験のうちの子たちだけが変にはしゃぎすぎて

悪目立ちする、という悲しい状況だった。

これじゃあクラスの雰囲気もへったくれもない…。

むしろ「この子たちが入って来るならやめようか」と

思われてもおかしくないような状態で、

ほんと、すみません、という感じ。

 

これは「決定的に嫌な予感」のうちに

入るのだろうか…。ちょっと悩む。

 

しかし先生は、いつもの子たちも活発なので、

きっと楽しくレッスン進められると思いますよ!

と言ってくださった。

本当かなあ…? 

 

息子についても、気分のムラがあったり

悪ふざけスイッチが入っちゃったりするのも

「まあ男の子なんてこんな感じですよね」

と、おおらかに、時に厳しくしっかり

接してくださっていたので、

こちらは少しだけほっとした。

 

*****

 

レッスン内容については、

体を使って単語を表現したり

歌を歌ったり、ゲームをしたり、

子供たちはとても楽しそうだった。

 

しかし見ていると、本当に、ただ、

英語で遊んでいるだけ、という感じ。

これ絶対本人たちはやっていることの意味を

よくわかっていないんだろうな、と思われた。

 

でもまあいいでしょう。

いいですよ。楽しければ。

 

「英語を使いながら遊ぶ」という

レッツプレイなどで私がやりたくても

なかなかできなかったことを、

ここで先生がやってくれている。

これを弾みにして家でもそういう取り組みが

できればいいなあと思う。(私も頑張る)

 

 

先生の英語はジャパニーズイングリッシュで

発音はやっぱりネイティブからは程遠く、

よく聞くと単数複数の言い間違いや

冠詞定冠詞の言い間違いも結構あった。

そういうの気にする人なら

まずNGだろうなあと思う。

私もCFKが近くにあるならそっちの方が断然いい。

 

でも私の英語だってそんなこと言ってられないレベル

ということを考えると、まあそんなもんかなとも思える。

 

ママの英語とABCクラブの先生の英語に押されて

ジャパニーズイングリッシュに

引っ張られすぎないように、

教材でしっかりインプットしないとね。 

 

*****

 

あとは距離と時間。

 

開始時間がちょうど幼稚園の終わりに

あわせたような時間帯で、

保育園組のうちの子たちは

お昼寝の途中で園を早退しなければならない。

そんなことは可能なのかな?と思ったら、

同じクラスにも習い事のために早退してる子が

いるそうで、特に問題はないみたい。

私の仕事は終わっている時間だし。 

 

いつもの習い事より少し早く始まる分、

距離は遠くても、終わって帰ってきたら

だいたいいつもと同じくらいだった。

 

夜のスケジュールが狂わないのはありがたい。

 

*****

 

というわけで、

「同じくらいの年齢の子たちと

英語で楽しく遊べる時間」を得るために

ABCクラブに通わせることにした。

 

DWEを進めていて困ったときには

先生に相談したいなーとか

あわよくばママ友ができたりしないかなーとか

イベントやキャンプに一緒に行ける

お友達ができないかなーとか

下心も十分あり。

しかし私の社交性が伴うかどうかは疑問だけれど。

 

 

*****

 

娘は、ハローブックとワークブックの見本に

かぶりついていた。

「ねえ、いつ届くの?いつもらえるの?」

と帰ってきてから何度も聞かれた。

 

ワークブック!そんなものもあったなんて。

早く届くといいね。私も見てみたい。

 

EDWZは、しばらくは購入しないで

様子を見ようかなと思う。

今年ABCクラブでやってもらって、

来年以降復習も兼ねて家でやる、

というのでもいいと思うし。

一度やったことがあれば

「あれ?これ知ってる!」ってなって

盛り上がりそうな気もするし。

そのうちまた考える。

 

 

 

広告を非表示にする