とりあえずやってみる。

日々のDWEの取り組みについて。

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

Let'sGo日本語版指導書

Let'sGoの日本語版指導書が届いた。

f:id:insidesaki:20170708064729j:plain

パラパラと見ているけれど、

内容が盛りだくさんで

ワクワクと不安はさらに大きくなった。

 

内容は

シラバス:各ユニットの学習内容の概要

Let'sGoの理念、教材の構成などの説明

☆指導テクニック:指導法について

☆ドリル、ゲーム、アクティビティの紹介

☆レッスンガイド:実際のレッスンの進め方

△別売りワークブックの解答

△ワークシート:ワークブックとは別にレッスンで使うもの

△テスト:各ユニットごとのテストと解答(CD-Rにも収録)

△オンラインプラクティスのアクセスコード

各英検との対応表

 など。

 

実際に英語教室の先生が使うと思われる本なので、

いろんな生徒に対応できるように

あの手この手で楽しくレッスンが進められるような

工夫がたくさん載っている。

 

☆マークのものは熟読した方がよさそう。

でも私には難しい部分も多いので、

あまり構えずにさらっとやってみて、

うちの子にあいそうな部分を抜き出して読む、

という方法でもいいかなと思う。

 

△マークの部分は、ここだけでも

指導書を買って良かった、と十分思える。

 

別売りのワークブックの解答は、

最初のうちは必要なさそうだけれど、

やっぱりあった方がいい。

さらに各ユニットごとや全体のまとめ的な

テストと解答もついている。

 

オンラインプラクティスというのは

まだ見ていないけれど、

別売りワークブックについているものと

同じ内容っぽい。

 

Let'sGoのワークブックって、

オンラインプラクティスがついているものと

いないもので値段が全然違うので、

指導書があるのならオンラインがついていない

安い方を買えばいいということか。多分。

というか、すでに安い方を買った。

 

 

*****

 

というわけで、

 

テキストでレッスンをする

指導書についてるワークシートで練習する

別売りワークブックで練習する

オンラインプラクティスで練習する

テストをやってみる

 

という流れになるのかな。

すごいボリュームだけど。

できるのか??

 

*****

 

これ、オンライン英会話で先生が使う場合は、

どういう感じでレッスンが進められるのか

そちらも気になってしまう。

テキストとして使われているらしいというのは

見かけるけれど、

ワークブックで宿題とか、

テストで定着を確かめるとか、

そういうこともやってくれるのかな?

別売りのカードなんかも使うのかな?

 

こないだ体験したリップルとは別の

オンライン英会話で、

「Let'sGoを使ってレッスンしてください」

と体験リクエストをしてみるのも

ありかもしれないな。

(まるで潜入捜査みたい。)

 

DWEと同じで、教材自体は素晴らしいけれど、

使う人の力量で面白くもつまらなくも

効果的にもそれほどでも、になってしまうのなら

先生の責任は重大だ。

 

生徒が何人もいれば試行錯誤しながら

成功率を少しずつ高めればいいけれど、

私の生徒は二人きり。

100%か50%か0%しかない。

 

怖っ!!

 

*****

 

ちなみに指導ガイドやCDの購入はここがよさそう。

今回はあまり調べもせずにAmazonや他のお店で

買ってしまったんだけど、次はここで買いたい。

Amazonの方が安い場合もあるので、確認が必要かな。

www.eltbooks.com

 

 

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村