とりあえずやってみる。

日々のDWEの取り組みについて。

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

英語での語り掛け

今年の春からDWEをメインにした「おうち英語」

に取り組んできた我が家。

しかし、今まで頑なに避けてきたことがある。

 

それは、日常生活における英語での語り掛け。

 

おうち英語に成功されている/楽しんでいらっしゃる方が

「家で英語で語り掛けている」的なことを

ブログに書かれていたりすると、

やっぱりそういうのって必要なのかな…と

ものすごーく気にはなりながらも、

ああだこうだと理由をつけて

「でも、私は、やらない」と思っていた。

 

***** 

 

そもそもそこまでの語彙力や表現力がないし。

とか。(これが最大の理由。)

 

母国語である日本語を大事にしたいし。

とか。(正論かつ王道な理由。)

 

中途半端に英語と日本語を混ぜたら

子供が混乱しない?

とか。(どうでしょう?)

 

外で英語で語り掛けるのには抵抗がある。

とか。(あの人日本人じゃないのね、と思われそう。)

 

外でやるには抵抗があることを

家の中でやるのはおかしくないか。

とか。(ですよね。)

 

親子の会話に英語を取り入れてしまうことで、

日本語でのより高度で複雑な表現を学ぶ機会が

阻害されてしまうのではないか。

とか。(考えすぎ?)

  

そんな感じでああだこうだと

一生懸命理由をつけて、

英語での語り掛けをしない自分を

必死に正当化しようとしていた。

 

(ちなみに、発音や文法については

私はあまり気にしない主義なので

そこはポイントにはならない。) 

 

だけど。

 

「Let's Go」という教材を見て、

ああ、これなら私にも取り入れることが

できるんじゃないか、と思った。

なんだか一瞬、光が見えた気がした。

 

*****

 

というのも、このLet's Goという教材は

「外国語方式(ESL)」のテキストで、

英語が話せない幼児~小学生くらいの子に

「このシチュエーションではこういう表現をするよ」

というのを一つ一つ学んでいく構成になっている。

(DWEも元々は外国人向けの教材なんですよね?確か。) 

 

DWEでは文章のリピート練習はするものの、

それを日常生活にまで落とし込む、という作業面では

少し弱いような気がしていた。

 

お片付けの時にClean up timeの曲が口をついて出るとか、

探し物の時にWho took the peanutsを歌うとか、

それはそれですごくいいとは思うけれど、

かと言って「誰かと会話する」にまでは至らない印象。

一応SBSやレッツプレイでゲームやアクティビティは

あるものの、なかなかすべてを英語でやるのは難しい。

我が家は気を緩めるとすぐにオール日本語になってしまう。

 

①DWEメインの「英語の歌」や

TACでの「単語や文章を言う練習」

から、

②レッツプレイやSBS一部の「英語でのアクティビティ」

の橋渡し的存在として、

③「会話の練習」がメインのLet's Go

はとても良さそうな教材に見えた。

 

DWEだときっとTEにあたる部分なのかなと思う。

でも週に一度だと少ない…。

 

あとは読みと書きの補充。

これもDWEで我が家が取り組んできた範囲では

少なくて物足りない。

(これから増えるのかな?わからない。)

 

DWEで単語や表現をインプットしつつ、

子供たちと一緒にLet's goを通じて

日常生活の中に英語を取り入れていけたらいいな、と思った。

 

***** 

 

DWEは、

親が全然英語を話せなくても大丈夫です!

と謳っている教材。

 

それを聞くと普通の人は

「やったー!子供が勝手にしゃべってくれるのね」

と期待するのかもしれない。

 

でも私は、被害妄想が強いのか

だから下手な英語で口を挟むより黙ってろ

と言われているような気がしてしまい、

逆に中途半端な英語の語り掛けは

しない方がいいのかな、とずっと思っていた。

 

語り掛けをするならDWEと同じレベルの

ネイティブな英語じゃなきゃいけない。

それが無理なら一切語り掛けをすべきではない。

 

昔からそんなふうに「全か無」「〜すべし」の

思考に陥っては、勝手につらい思いをしてきた。

 

でも最近、それは違うのかな、と思い始めた。

 

「親が英語を話せなくてもいい」というのは

話せない親の方がマーケットに多いから。

「少しでも英語の語り掛けをした方が

より効果的ですよ!」なんてうっかり言ってしまうと、

途端に「無理無理!」と思ってしまう人が

後を絶たなそう。

そんなことを宣伝するわけにはいかないのかも。

 

子供だっていきなり完璧な英語を話すように

なるわけじゃない。

親だって完璧な英語を話さなくてもいい。

一緒に成長していけばいいじゃないか。

と気付いた。

 

 

多分最初からそのことを知っている人は

たくさんいるだろうし、

何をいまさら?っていう気がするけれど、

私にとっては「Let's Go」との出会いが

初めてそのことに気付かせてくれた。

大きな壁を越えた瞬間だった。

 

***** 

 

少しずつだけれど、

子供と一緒にもっと英語を楽しんでいきたい。

 

私も変わります。

 

 

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村

広告を非表示にする