とりあえずやってみる。

日々のDWEの取り組みについて。

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

DWEを他人に勧められるか

唐突だけど、

「DWEを他人に勧められるか」

という話。

 

 

私は即答で

 

「No.」

 

なぜなら高いから。

買ったときからずっと抱いている

「高すぎる」という感情は

これだけ使っていても消えない。

 

費用対効果を算出するには

我が家はまだ効果が十分な段階ではない。

 

よく「英会話教室に通わせることを考えたら~」

とか見かけるけど、

うちは英会話教室には通わせない。

習い事なら他にやりたいことがあるので。

家でやれることだから検討をした。

比較対象の相手は「英会話教室」ではなく

「しまじろう」や「オンライン英会話」だ。

それにはDWEは高すぎる。

 

 

あと金額には兄弟の問題もある。

同じ教材を2人兄弟、3人兄弟で使えば

一人当たりの教材費はどんどん値下がりする。

 

費用対効果を考えるときも、

一人で使ったのか二人で使ったのか、

一人当たり100万円だったのか50万円だったのか

その視点は外せない。

一人っ子家庭の人に「おすすめですよ」と

言っているのが3人兄弟の家庭だったら、

それは土台がおかしい。

 

 

そんなわけで、

私だったら絶対に他人には勧めない。

 

 

だけど。

 

じゃあ買って後悔しているかと言えば、

そうでもない。

6割くらいは満足していて、

残り4割くらいは「まだこれから」な感じ。

 

買っちゃったんだから

後悔しないように使い倒すぞ!と思うのは

当然の心理。

 

費用対効果を少しでも高めようと、

あれこれ苦悩しながら使っている。

そしてそれもまた楽しい。

 

 

私は他人には勧めないけど、

自分では買った。

今のところ後悔もしていない。

後悔しないように足掻いている。

本当に他人に勧めることができるか否かは、

あと何年も経たなければなんとも言えない。

 

それが現在の結論。

 

*****

 

ところで。

私がツイッターを始めてから出会った言葉に

 

買おうかどうしようか迷っている時に、

やめる理由が『値段が高いから』

というのなら買え。

買おうとする理由が『値段が安いから』

というのなら買うな。

 

というのがあって、

誰の言葉だか知らないけれど、

これは名言!と思った。

 

以降何かを買う時に迷った場合は

いつもこの言葉を思い浮かべているけど、

今のところ間違いはない。

 

値段を理由に他人にはお勧めしない私だけれど、 

「値段は理由にはならない」ということも

知っている。 

 

DWE仲間は多ければ多い方が嬉しい。

というのも本音ではある。

 

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村