とりあえずやってみる。

日々のDWEの取り組みについて。

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

SBS2 L6step6-9

火曜日の続き。

今日は最初から息子は参加せず。

後ろでウルトラマンで遊んでいた。

 

***** 

 

step6

 

どんな時にsをつけるか。

複数形の意味はわかっている。

ただ、読み方が難しかったみたい。

 

をそのままつければいい時。

とまとまって読む時。

エズ・イズ

になる時。

 

これ、なんか法則があったような、

なかったような…?

3単元のsの時だったかな。

勉強した気がするけど覚えていない。

 

ハットズ!ハウスズ!と聞いて

「あ、こういうところで詰まるんだ。」

と新鮮な驚き。

確かに初めての時は読めなかったかも。

 

*****

 

step7

 

お絵かきも上手にできました。

f:id:insidesaki:20170616061401j:plain

 (コピーがずれていて

かわいそうな感じ)

 

難しいと思ったけど、

いつの間にかこんな絵が

描けるようになっていた。

 

毎度のことだけど、

保育園ありがとう!

 

*****

 

step8,9

 

そしてロトカード。

f:id:insidesaki:20170616063043j:plain

ずーっと存在が気になっていて、

満を持してようやく登場!

という感じ。

息子も何となく近づいてきて参加。 

 

カードゲームの前に

画面上で言われたカードを探すステップが

ゲームみたいで面白かった。

 

しかし肝心のカードゲームは…

なかなか楽しめない。

 

DWEについているカードゲーム、

レッツプレイの時も思ったけど、

ルールが複雑というか、

よくわからないというか。

つまりビンゴゲームを数字じゃなくて

絵でやってる感じなのかな。

 

私がよくわかっていないので、

盛り上げてあげられない。

アメリカではこういう遊び方が

メジャーなのですか?

慣れてきたらツボにはまるのかな。

 

我が家は結局最後は小さいカードを並べて、

私が絵を読んで、子供達が見つけ出して取る、

といういつものカルタ遊びに落ち着いて終わった。

 

宝箱は2セットあるのでカードの島も2つ。

2人ともめいめいが取って、平和に終わる。

一応速さは競ってるようないないような。

 

今のところはまだ「競争」よりも

「見つける」楽しさ重視。

 

以前は私が読む絵札を確認しながら

同じ絵を探していた息子も、

今回は言葉だけで探すことができた。

(そのうちだんだん勢いで取るように

なっちゃったけど。)

少しずつ成長してる。よしよし。

 

 *****

 

ライトライトとシールが残っていたけど

カードで盛り上がったので

今日はここまで。

 

レッスン6、長い!

 

ガイドにはこのあとレッツプレイや

FFWのゲームをやりましょうと書いてある。

 

やりましょう!

 

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村