とりあえずやってみる。

日々のDWEの取り組みについて。

娘と息子の英語アプローチの差

今日はかけ流しのみ。

 

最近図書館で借りてくる本が

ジブリシリーズばかりの息子。

今週はもののけ姫を選んできて、

家でも何度も何度も見ていたので

じゃあ映画も見る?とレンタルしてきた。

ジブリ映画は基本的に

2か国語対応なのですね?

 

当然英語で流すのだけど。

息子はがっつり見ていた。

 

もう子供と見る映画やテレビ番組は

プリキュアと戦隊ものと仮面ライダー

ウルトラマンは除いて(子供たちが大好きだから)

基本的には英語!と決めちゃってもいいかな、と

思いつつある。

 

でもそうすると、娘はちょっとイヤみたい。

息子は多分日本語でもわかっていないから

英語にしても何も言わずに見てくれるけど、

娘は「ねえ、今何て言ったの?」

「どういう意味?」としょっちゅう

聞いてくるし、私が相手をしてあげられないと

全然見なくなってしまったりする。

 

もののけ姫も途中から2階に上がってしまった。

きっと日本語で見たとしても意味は難しいと

思うんだけど、日本語ならこんな風に質問責めに

ならないし、まして途中で見なくなる、

なんてこともしない。

彼女なりに頑張って理解しようとするはずだ。

 

そう考えると本当にイヤなのかなあ、

日本語での理解力の妨げにもなるのかな、

と少し心配になってしまう。

 

きっと「私がしっかり相手をしてあげる!」

というのが正解なんだろうけど…。

 

 

英語のレッスンは大好きな娘。

でも英語の映画は難しすぎてイヤ。

英語と日本語の区別がしっかりついていて、

日常でも英語が出てくることはほとんどない。

 

英語のレッスンはイヤだけど、

映画は抵抗なく見てくれる息子。

ルー語っぽくはあるけれど、

一人で遊んでいるときにもよく聞くと

英語みたいなことを話していたりする。

 

2人とも全く同じ環境で英語を与えて、

年の差は1年半。

個性の違いなのか、発達段階の違いなのか。

 

 

英語の習得は

「外国語方式」と「母国語方式」の

2種類あるらしいけれど、

なかなか微妙なラインの我が家。

私の時間とキャパがたくさんあったらなあ…。

 

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村