とりあえずやってみる。

日々のDWEの取り組みについて。

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

将来どうなってほしいか。

我が家では幼児英語の取り組みとして

DWEしかやっていないけれど、

これでどこまでの英語力が身に付くのか

あんまり想像がつかないし、

私自身の中で「こうなってくれたらいいなあ」

というビジョンもあまりない。

 

「どうせ子供は思い通りにはならない」

と思っている部分もあり、

多くを望みすぎて親の期待で

子供をつぶしてしまわないかとか、

期待しすぎてうまくいかなかったときの

がっかりやイライラをうまく自分で

処理できる自信がなくて、

それなら最初から高望みしない方が

いいのかなと思ったり。

 

あとは私の身近に病気で大変な子がいたりして

そうするともう「生きてくれてるだけでいい」

とか「毎日楽しく過ごせればそれでいい」と

思っている部分もあったり。

 

だけど、幼児英語はそのほとんどが

親のリードによって進められるわけで、

ある程度の目標地点を親の中で定めておいた方が

遡って日々の取り組み方にも工夫ができる

のかもしれないなあと思う。

 

「何事も始めるのに遅すぎることはない」

というのは私の信念の一つだけれど、

あとで「これをやっておけばよかった!」

と思うのは、少なければ少ない方がよい。

 

多分私の中にもなんとなく、うっすらと、

「こうなったらいいな」というイメージは

あるのかもしれない。

でも自分ではよくわからないのが現状。

とりあえずDWEには頑張って

取り組んでいるものの、

この先何をどこまでやればいいのか

雲をつかむような感じ。

こうやってブログで記事にしながら

自分の考えをまとめようとしている。

 

****

 

保育園で英語教室に通わせているお母さんや

ブログで幼児英語に取り組んでいるお母さんたちは

子供たちの英語力の目標到達地点を

どのくらいまで想定しているのか

すごく気になる。

 

今の時点で私が想像できうる選択肢を

いろいろ考えてみた。

 

あてはまるものがありますか?

(発想力が貧困なので他にもあったら

ぜひコメントをいただきたいです。)

 

 

①英語が使えるのは最低限として、

それ以上の学力を伸ばすことに注力している。

インターナショナルスクールに通わせて

将来的には世界で活躍できるように

英語で微分方程式とかも解いちゃうし、

ハーバードとかスタンフォードとか

目指しちゃうレベル。

ヘイワードとかでもいいですけど。

 

②世界に飛び立つレベルというよりは

日本国内でしっかりとした基盤を

手に入れてほしい。東大とか京大とか。

日本語での高度な思考を身に着け、

微分方程式は基本的に日本語で考えて解く。

英語はそれに準ずるレベルでいいが、

「普通に使えるレベル」ではいてほしい。

 

③英文科で英語を学んだり、通訳になったり、

英語を好きになって、英語に深くかかわるような

仕事に就いてほしい。

微分方程式は必要ないので使わない。

 

④学力や仕事はあまり関係なく、

外国の友達と触れ合ったり

旅行に行って困らないくらいの日常会話は

できるようになっていてほしい。

微分方程式???

 

⑤学校で受験をするときに

英語が得意科目になってくれたらいい。

英語の勉強に割く時間を減らしたい。

周りの友達に比べて英語力で優位に立ちたい。

 

⑥育児の暇つぶし。

楽しく育児をするためのツール。

 

*****

 

すみません、随所に出てくる

微分方程式」のくだりは個人の趣味なので

あまり深く突っ込まないでください。

 

②と⑤はレベルは違えど

目指すところは同じかもしれない。

 

バイリンガル」というのは

どのレベルを言うのだろう?

私にはよくわかりません。

 

*****

 

現在は⑥の私。

まだいろいろ考えます。

  

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村