とりあえずやってみる。

日々のDWEの取り組みについて。

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

母国語方式。怪しい雲行き

こないだ娘と「Birthday Birthday」の

歌の練習をしていたとき、

途中の難しい部分を

なかなか歌えなかった娘が、

いきなり「あ!いいこと考えた!」

と言ってノートを取り出した。

 

今までも歌詞を覚えるために

自分なりに絵をかいて

「これは〇〇の歌を表してるんだよ!」

ということがあったので

今回も絵をかくのかなあと思って見ていたら、

いきなり歌詞をカタカナで書きだした!

 

ひ~!!!

 

「ジョイナサシガリル」

 

って書いてあるしー!!

 

読めるけどー!!

それなら歌えるけどー!!

 

「カタカナ上手になったね…」

とほめました。

うーん…。

 

*****

 

こないだ私が探し物をしていたとき、

「あれーどこやったかなあ」

と言っていたら、息子が突然

 

「アンダーダテーボーに

あるんじゃない?」

 

と言った。

 

 

こ、これは…

 

俗にいう「ルー語」ってやつ!?

日本語と英語が混じってるし!

 

息子が流暢な発音で英単語を

繰り出したことに喜びは感じつつ

これはどうなんだろう…と思った。

 

そのまま

Look! Where! の歌を歌いながら

英語であちこち探しました。

 

*****

 

娘は日本語でも

「○○ってどういう意味?」とか

「○○って何?」としょっちゅう聞いてくる。

それと同じノリで英語についても

「××ってどういうこと?」

「××って何?」と聞いてくることが

増えてきた。

 

本当は英語の単語を聞かれたら

英語で言い換えるとか、

ジェスチャーや絵で示してみるとか

した方がいいのかなあと思いつつ、

やっぱり日本語をぽんと言えば

それですぐに伝わってしまうので

ラクなんだよねえ…。

 

*****

 

日本語は日本語の回路を、

英語は英語の回路を、

というのが母国語方式ですか。

それができるのがバイリンガル

DWEはそれを目指す教材ですよね。

 

一応DWEを使っている我が家も

その方針に準じてやっていった方が

良いのだろうか。

 

でも、もうすでに日本語の回路が

出来上がりつつある我が家の子供たち。

 

ここからどう頑張ればいいのか。

 

*****

 

我が家にDWEがやってきたのは

娘2歳、息子生後6か月。

そんなに遅かったわけではないと思う。 

でもその後保育園に通うようになって

周りにどんどん日本語があふれてきて、

英語拒否だったり親も飽きてきたリして、

そのまま英語から遠ざかってしまった。

 

あの時期、歯を食いしばってでも

DWEのDVDやCDを流せばよかったのか。

もっとCAPのことを勉強して

遊びながらでも出せる課題に

せっせと取り組んでいればよかったのか。

それとも何とかして他に興味を引きそうな

英語の動画や遊びを探して与えればよかったのか。

 

ブログランキングにいる皆さんは

英語離れを起こさないように

日々工夫されてる方がたくさんいらして、

本当にすごいと思う。

 

今から思えば手段はたくさんありそうだけど、

あの頃は、正直私がそこまで英語教育に

執着していたわけでもなく、

子供たちの見たいものを見せて

日々ご機嫌に過ごせればそれでいいじゃん!

と思っていた。

 

 

あーあ…。

 

 

でもまあ、後悔してもしょうがない。

マシで上等」というのは以前にも書いた。

 

無事英語に関心が戻ってきて、

これからどういう姿勢で取り組めばいいのか。

私はどこまでやれるのか、

子供たちにどんなふうになって欲しいのか、

また考えないとなあと思う。

 

こんなに「毎日英語頑張ってます!」

風味を醸し出そうとしている私だけれど、

実はそこらへんのことは結構あいまい。

 

やっぱり「今楽しんでやれればそれでいい」と

思っている部分が大きい。

それで挫折してしまったわけだが。

 

今度はそうならないように

(娘の小学校入学はまた次の壁になりそう)、

もっとはっきりとしたビジョンを、

目標を、見つけたほうがいいのかな。

 

 

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村