とりあえずやってみる。

日々のDWEの取り組みについて。

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

DWEが変化のきっかけ

昨日SBSやったので、

今日は日本語のプリント学習。

ほんとは「ステップ」なんだけど

我が家では「ポピー」と呼ばれている。

過去記事参照

 

SBSはのらない息子もステップは大好き。

なぜならご褒美に好きなシールを貼れるから!

 

普段子供たちの手の届かない棚の上に

シールがたくさん入ったポーチを置いている。

 

さあポピーやろうか!と

私がこのポーチを持ってくると、

息子の目がキラキラする。

今日は何のシールにしようか!と

それが楽しみでしょうがないみたい。

最近はキュウレンジャーのシールを

投入したので、効果倍増。

 

娘はもうシールで釣られるというより

プリントそのものが楽しいみたい。

この違い…。

 

 

現在息子はステップ1の後半。

2歳児相当(4歳です)。

娘は3の後半をやっている。

こちらは多分4歳相当(5歳半です)。

2人とも余裕綽々で、サクサクと進める。

 

最初はちゃんと年齢相応のレベルでスタートしたけど、

私がサボりすぎてあっという間に学年が上がってしまい、

プリントだけ取り残されてしまった。

 

息子に今娘がやってる3をやらせたら、

多分難しいだろうなと思う。

息子は文字や数字に対する関心が元々低くて、

理解力もそんなに高くなさそう。

(だからシールで釣らなきゃやってくれない)

 

ステップは同じ問題が何回も出てくるので助かる。

最初は難しそうでもだんだんできるようになるので

下のレベルからでも着実に進めていこうと思っている。

 

24枚プリントが1冊になっていて、

12冊で一学年分。

我が家は今のところ週1回の取り組みで

1回につき10枚くらい進める。

このペースでいけば十分追いつけるかなと。

追いついて、追い越してくれたらいいのに。

 

*****

 

3月から英語の取り組みを始めるまで、

我が家はずーっと「何もしない」うちだった。

夫は特に教育には関心がないみたいで

何も言わないし、私もパートだけど

仕事をしているので、「なかなかねえ」

なんて言って、本当に何もしていなかった。

 

ご飯を作って部屋を整えて、生活リズムを守って

習い事のヤマハや水泳に連れて行って、

というのは最低限頑張っていたけど、

あとは子供たちに勝手に遊んでいてもらって、

私は時間があればネットサーフしたり

ツムツムやったりドラマ見たり

好きなことをだらだらとして。

今から思うと「なにやってたんだろう??」と

思ってしまう。

 

DWEを通していろいろな方のブログを

見るようになって、小さいうちから熱心に

英語やいろいろなことに取り組んでいる人が

こんなにもいたんだ、とびっくりする。

皆さんすごいですよね、ほんとに。

 

あんまり情報を仕入れすぎると

謎の危機感や焦燥感や劣等感を

煽られてしまうこともあるけれど、

私はもともとめんどくさがり屋のなまけもの。

年を取って、無理したり背伸びしても

続かないということもわかっている。

自分のペースを見つけて、

あとで後悔しないように、

子供と一緒に楽しく過ごしたいなと思う。

 

 

DWEがあったおかげで

「もっと子供と向き合わなきゃ」

とうっすらと思っていつつ

なかなか変えられなかった生活を

見直すことができた。

 

育休中に子供とどうやって過ごせば

いいのかわからなかった私に

英語を通して遊ぶことを教えてくれたみたいに、

今回もまたDWEがきっかけで少し変われた。

 

感謝です。 

  

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村