とりあえずやってみる。

日々のDWEの取り組みについて。

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

なし:PreLesson1,2

昨日は娘とたっぷり英語をしたので

今日はお出かけ前に息子とTAC。

 

*****

 

今のところ我が家では

カードを通して言ったら

(言えたら、ではなく)シール

というルールになっている。

 

Book1の範囲は息子でも

言える文章が多かったので、

即録音してCAP課題として貯めていた。

でもだんだん長い文章やパターン外の

文が増えてきて、簡単には言えなくなった。

とても録音できるレベルではない。

 

どうしたらいいのかな。

 

息子は自分が言えても言えなくても

シールを貼りたくてたまらなくて、

ちゃらちゃらっと言って

「シール貼るねー!」という感じ。

 

なんか、あんまり面白くない。

わたし的に。

 

シールはひとまず置いといて、

「言う練習」をちゃんとしたい。

 

*****

 

そもそも「言えたら」ではなく

「言ったら」シール、

というルールにしたのは、

娘が頑張って何度も練習しても

やっぱり言えないカードがあって、

そこで「録音できないからシールもなし」

というのはあまりにもかわいそうだったので、

録音できるできないにかかわらず

「練習したらシール」ということにした。

 

息子はそのルールに乗っかって、

言えるようになろうともせず

シールを貼っている。

 

うーむ。

ご褒美作戦がうまく機能していない。

 

あと、「録音」なんだけど、

うちは二人でカードを使っているので、

TAC本体に録音はしていない。

いちいちスマホのCAPレコーダーを

立ち上げて、マイクに向かって

言ってもらってる。

 

一応毎回録音自体はしてるんだけど、

ちゃんと「言えた」と私が判断したら

「録音OK」ということにしている。

 

なので「カードをやる」となると

毎回毎回大量のファイルが作成され、

その中でOKなファイルと

そうじゃないファイルにあとで

分類するのも一苦労。

 

ここら辺もうまくいってない感が

ひしひしとしている。

 

*****

 

子供たちがシール欲しさに

テキトーになってるのと同じように、

 

私もCAP課題作りたさに

練習よりも録音を優先させてるのかも。

 

とりあえずpreLessonの課題だけでも

ざーっと作って応募してしまおう

とか、考えちゃったりしてるし。

 

やっぱり私の頭の中はCAPCAPCAP

になっちゃってるのかなあ…。

 

うまくいってない原因は

それが一番大きいのかも。

 

*****

 

では、私はなぜ

こんなに焦っているのか。

 

やっぱり、飽きずにDWEを使い続ける

自信がない。

 

あと、

できることなら課題を

さっさと終わらせて

ちゃっちゃと卒業とかもしちゃって、

次のことやりたい。

みたいな気持ちもある。

(次のあてがあるわけではないが。)

 

 

それは、

「早く卒業した方が偉い」的な

そういうのではなく…

 

…ひょっとして、

もう飽きてるのかな?私。

みたいな。 

 

 

 

 

(なんか開けてはいけない箱を

開けてしまったような気分…。)

 

*****

 

トークアロングカードに関しては

いつもこんな風に考えちゃって

どうしたらいいのか

わからなくなる。

 

レッスンを開始して1か月たって、

軌道に乗りつつある部分と、

一向にうまくいかない部分がある。

 

 

ショッピングサイトで

カードを分類して壁に掛ける

ホルダーとかも買って持ってる。

(玄関カードセットは買ってない。)

 

でも全然使いこなせないんだよなあ。

 

 

カードをやる目的。

カードを使ってどうなりたいか。

どうカードを使うか。

 

まだまだ思案中。

 

 

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村