とりあえずやってみる。

日々のDWEの取り組みについて。

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

レッスン開始後1か月。

レッスンの進め方。

まだまだ試行錯誤中。

 

基本は娘の理解度に合わせて 

「1週間に1レッスン」

というのを目標にしようと思っている。

TEのブックレッスンとも歩調が合うし。

 

月曜日と水曜日はヤマハの日なので、

プレレッスン(TAC)や

Q&Aカードで遊べればいいかな。

DVDを見るだけでもいい。

 

火曜日はTE。

 

木曜から週末にかけては時間がとれるので

SBSやったりレッツプレイやったり

歌の練習をしたりする。

 

息子の歌やTEでのブックレッスンが

遅れている問題がある。

息子ができるようになるまで進めるのを

待とうかとも考えたけれど、

とりあえず娘のペースで進めてみることにした。

歌の練習なんかは息子のペースでやればいいし、

SBSでできなかったところは

記録しておいてあとでまたやればいい。

娘だけにならず、息子だけにならず、

2人でやれるところは一緒にやって、

別々にするところは別々に。

まあ考えてみれば当たり前なんだけど。

ようやくそんな感じで

私の心の整理がついた。

 

 

そして英語の合間に

日本語のプリント学習も。

こちらは好きな時に好きなだけ。

夫にも手伝ってもらいつつ進めていく。

 

*****

 

娘と息子の理解度の差、

やる気の差を

どうやって埋めようかなと迷っていた。

 

本当は二人一緒に

みんなで楽しく同じレッスンを

やれたらいいと思うけど、

まあ理想通りにはいかないですね。

 

今まであんまり子供たちと一緒に

何かに取り組むということを

真面目にしてこなかったので、

今回私が「さあ英語やろう!」と再開したとき、

娘は嬉しさのあまり「頑張りすぎる」方へ向かい、

息子は照れて「やりたくない」と逃げる方へ

行ってしまった。

 

これは今までの私への報いでもある。

頑張ることで母の気を引きたい娘。

逃げることで母の気を引きたい息子。

子供たちの気持ちを考えるとちょっと切ない。

 

娘には「そんなに頑張らなくても

母はずっとあなたを見てるから、

安心して気楽にやっていこうね」

ということを伝え続けなければならない。

 

息子には「今まで何もやってこなかったんだから

急にやろうとか言われても戸惑うよね。

でもこれからは少しずつ続けていくから

一緒に楽しんでいこう」

ということを伝えていきたい。

 

*****

 

娘は新しいことが好き。

何かが始まるとすぐにチャレンジする。

 

息子は保守的。

新しいことに対してはなかなか気が乗らない。

 

保育園を転園したとき、

娘はすぐに馴染んでしまった。

息子は慣れるまでにかなり泣いて、

時間がかかった。

 

けれど転園して1か月も経つと

立場が逆転した。

 

今まで気を張って頑張っていた疲れが出たのか

急にぐずぐず言い出すようになった娘。

 

ゆっくり時間をかけて慣れていった息子は

ようやく楽しそうな姿を見せる。

 

そして2か月目にはやっと足並みがそろって

2人で楽しそうに保育園に行くようになった。

 

この二人はたぶんこんな感じなのだろう。

習い事もスパンは違えどだいたいそうだった。

 

今回の英語の再開も、そろそろ1か月。

娘の頑張りの息が切れてくる頃かなと思う。

ようやく息子の気分が乗ってくる頃かもしれない。

 

 

そして、私は?

自分の性格はよくわからない。

 

保育園や習い事は一応「決まり事」なので

何があっても通い続けるわけだけど、

英語のレッスンに関しては私の性格が

大きく影響することだろう。

 

でもなるべくここは仕事のように

淡々と続けることを心掛けたい。

「母」というのは大変ですなあ。

  

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村

広告を非表示にする