とりあえずやってみる。

日々のDWEの取り組みについて。

CAPに対する焦り

娘5歳半、息子4歳

 

キャンプから帰ってきて久々の英語。

久々のCAP。

 

できるものがあるならどんどん応募したい。

1か月に3課題だけなんだから枠がもったいない!

と、今まで何か月も何も応募せず放置していたくせに、急に焦りだす母。

 

ほんと、ごめんなさい。

本当にごめんね、気まぐれで暴走癖のある母で。

でも母的にはずーっとずーっと「やらなきゃやらなきゃ」と何年間も思いだけを募らせ続けていたので、ようやくその思いに行動が伴ったというだけのことなのです。

子供たちには多分迷惑だろうけど、もうこんなことがないように頑張ります(多分)。

 

*****

 

ライトブルーCAPは、歌や言葉の完成度よりも、とりあえず「課題を提出する」ということが目標なのかなあといろいろなサイトの口コミなんかを見て思う。

 

実際、

初めて単語をしゃべった!

→初めて録音してみた!

→初めて課題を出してみた!

→初めてオーディオCAPのシールもらった!

→初めて歌をそれっぽく歌ってる!

→初めて歌を録音してみた!

→でも録音しようとするとなかなか歌ってくれない!

→初めて歌の課題を提出できた!

→初めて歌の課題でシールもらった!

というのは、本当に、それだけでもものすごい労力だし、その分ひとつひとつを達成したときの感動も大きい。

 

うちはもう下の子も4歳になっちゃって日本語もまあまあ普通にしゃべるけど、だからライトブルーの課題に対しては、言葉ももにゅもにゅしてる部分があってもそのままえいや!っと送信してみることにした。

 

でもこれ、ブルーになってからはどうすればいいのかなあとちょっと迷う。

 

特に上の子に対しては、かなり言葉も達者なので、英語のセリフや歌も日本語と同じようなレベルでスラスラしゃべってくれることを期待してしまう。

年少年中と(母が)英語をサボっていたわけだから、日本語で5歳児だとしても英語ならまだ2歳児くらいなはずなんだよね。わかってるつもりだけど、ついつい言い間違いを指摘したり言い直しを強制してしまいそうで…。

 

ブルーの課題も、CAP取得だけを目標にするなら、歌の練習も最小限の曲数で、TEも最後のレッスンだけ頑張る、とかもできちゃいそうな気がする。

でもそれだともったいないよね。本末転倒というか。

 

それはわかっているけれど、

ねっちり進むにはそこまで私の気力が続くか不安なのと、

「とりあえず」でも最小限でやれることをやって行けるところまで進んでみたい、

という気持ちがある。

 

そこらへんの自分の気持ちの整理が必要だなあと思っているのです。

多分まだ焦ってます。

 

 

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村